nabe.blo

移転しました

ちゃんと高音質で音楽きかなくちゃダメだなと思った瞬間

ライブドアのブログキャンペーンによく応募するするワタナベです。おはこんばんちは笑

そのキャンペーンに見事当選し、今日ヤマハの「ホームシアター体験会」に行ってきました!



今回私が見てきたのは

シネマDSP



という製品で、オーディオアンプだって!







P1000966























「家のテレビが映画館になる!」的な製品はこれまで色々ありましたが、今回のそれは結構違います。

というか、映画館以上の音を再現してくれました。











映画のサウンドには「セリフ」、「効果音」、「BGM」の3つ種類があるのね。

制作の際にこれらをうまーくバランスよく編集してつけるそうで、

それを映画館で上映すると色んなところから音が聞こえてくるというアレになるのです。

ところがこのシネマDSPはそれだけでは終わらないのだ(`・ω・´)

うまーくバランスよく編集した時の意図を再現するのである。

ヤマハの目指すところは映画館の再現ではなくてもっと上だったのだ!



ヤマハの製品の最終段階における試用テストする特別な部屋で見せてもらいました。

P1000965























写真はその部屋です。

(最近話題の「アバター」の一部を見ました笑)

そこでは普段我々が使うようなリハーサルスタジオとは違って、全ての音を吸ってしまう部屋でした。

本当壁が吸音材まみれ。

普通に話していても自分の声が遠くに飛ばないので長時間いたら発狂しそうです笑



そんな部屋で、普通の音声で映画を再生すると音がちっとも伝わりません。

部屋が吸音しまくっているので、それに負けていました。



次に、シネマDSPの機能をフルに使って再生するともう月とスッポンポン笑

音がまるでリミッターを外された状態のようで、どこまでも音が広がっているのです。

不自然さがありません。







セリフは画面から飛び出し、

効果音は出る所から出て、

BGMはしっかりと他の音を邪魔しない所、かつ効果的に流れる事によって

見ている人がまさにその場にいるように思わせるエフェクトが施されていました。







P1000964

































↑初対面w







○せっかくなので色々質問してきた。

制作にはLPの時代から何十年もかけているらしくて、世界各国のホールへ行ってデータを集めたりしているらしい。

このホールはこういう響き〜みたいな。

ミュンヘンとウィーンでは微妙に異なるらしい。



また、CDやDVDからの音声に響きをつけるだけでは不自然な音質になってしまうので、「自然さ」にこだわって制作したそう。

確かに、安っぽいオーディオアンプでは映画などで室内から屋外へと場面が変わった時に音に不自然さを感じますね。

この製品はまさにそこにこだわっているのです。



















映画を見るだけでは終わりません。

スポーツ観戦でも使えます!!

部屋が変わりました





P1000967





























デモンストレーションではこの間のオリンピックのフィギュアスケートを見せていただきました。

浅田真央選手のラフマニノフをね☆

テレビ脇とテレビ前、そして自分の後ろに設置されたスピーカーからきこえてきた音は会場そのもの。



後ろからは歓声、前からは解説。全体的にラフマニノフ

ダイナミクスまで再現されてます。



P1000969

































この後方スピーカーがすごい良い仕事をしていたw













ゲームでも本領発揮してくれました。

いっちゃん新しいウイイレ2010を見せていただきました笑

テレビ前のスピーカーからはセルジオ越後の声が!

四方のスピーカーからは歓声が聞こえてきます。

またカメラアングルと対応していて、違う聞こえ方が楽しめます。

フリーキック、コーナーキックなどの選手目線のアングルの時の歓声は近くなります。



ちなみにRPGやアクションゲームでもそれに応じた音の出し方してくれるそうです。

ファイナル・ファンタジーとかやってみたい!(・∀・)ノ





P1000970

























↑写真上部のスピーカーからセンタリングされた音が出てくるのだ。









ライブ映像とかもまたすごい工夫しているなーって思いました。

私はライブに行ったり、自分もライブする方なのでその辺に関してのこだわりはあります。

だがしかし!

や っ ぱ り す ご か っ た

(すごいしか言ってないwww)



ライブ独特のリバーブ感がきっちりと再現されていました。

あのライブの音質って特別で、普通のオーディオではただ盛り上がっているだけにしか聞こえないって事よくありますよね。実際に行ったことある人はわかると思いますが、PAのリバーブとホールの相性で生まれたあの感じ!あれが自宅のリビングで楽しめるのですよ!





























特に私が一番感動したのは、楽器の音の輪郭が非常にハッキリしていることでした。

ピアノの鍵盤の叩き方によって微妙なニュアンスって生まれます。

そういった演奏者の意図を一滴もこぼすことなく再生してくれました。

ピアニッシモ(最弱音)でも音の粒がしっかり見えます。



また、ストリングスの響きが非常に鮮明でした。

楽器本体を振動させて鳴っているあの音です。

それは浅田真央選手のラフマニノフを見ている時に思いました。

ストリングスのアンサンブルってウワモノの音は聞こえてきて当然なのですが、オブリガードを奏でる中低音のストリングス達の音が聞こえるか聞こえないかで臨場感って変わってくると思うのです。

やはりそれが聞こえてきたのは感動的でした。

家ではきこえなかったもん。



そんでもってこだわるべき金管楽器ですよ笑

金管独特のハリのいい

ぶおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

っていう音もちゃんと聞こえてました。

もうそれだけで満足です。

プレイヤーもさぞかし嬉しい事でしょう笑









































○お待ちかねの自由時間

テレビからの音声だけではなくiPodiPhoneも再生できるという事で!試してきました!!!

再生する曲はもう自分の中では決まってました笑



♪ Orchestrion / Pat Metheny





いつも聴いているのに、きこえていなかった音が聞こえた…。

もう自分のヘッドホンやスピーカーでは聞けないwww



パーカッションの聞こえ方がヤバい!やばすぎる!

イントロから鳥肌たちますね。こりゃ。



iPhoneからだから、もちろんCDから圧縮されてAACファイルになっているんですよ。

WMAに複合されてんの?

と、思わんばかりの高音質/サラウンド。

ちなみにこれで、ライブホール用のエフェクトで聴いてみるとライブ盤でした笑



正直スタジオ盤よりもライブ盤の方を好んで聴くのですが、これならスタジオ盤聴けそうですわw

あと、色んな音がしっかり聞こえてくるので音取りしやすそうです。

Pat Metheny Groupみたいな複雑な音楽はスピーカー2つじゃ足りないですしね笑











ブルーレイや3D映像の進出によって映像がより鮮明にリアルになってきましたけども、音がしょぼかったら切ないですよね。音も3Dで表現されればよりいっそう楽しくなると思います。





みなさんも是非試してみたらいかがでしょうかー!

いやー行ってよかったわ





















ちなみに、ヤマハのHPにワタナベの写真とコメントが載るらしい!