nabe.blo

移転しました

[]チームメイトたち

mpc








↑の人たちの事です笑









よくリズム隊の人とかに

「なんか違うの?」って言われます。





なんか違うんです。









サックスの人がリードを選ぶように

ラッパの人はマウスピースを選びます。







楽器屋のおっちゃんは

「ラッパほど体調に左右される楽器はないね」

と、よく言います。









本当に体調によって使い分けます。









左から順番に言うと



●bob reeves 41S

これは高2からC年の前期まで使ってた。

高い買い物だったけど、いい相棒であった。

ものすごくハイトーンが出る



最近では、ラストギグで使った。





●mmp MODEL9

マーシンキウィッツなのにアーティストモデルじゃない。

本当に体調が優れていなくて、ハイトーン吹かなきゃいけないバンドの時に使う。



最近では、DCPRGのコピーバンドの練習のときに1回だけ使ったw





●yamaha 浅いカップ

お師匠様により改造が施されたもの。

大学入ってからずっと使ってる。





●bob reeves 42SV5

現在のスターティング・メンバー(笑)

だいぶ慣れた。

41と42の間が欲しかった。

だけど、だいぶ慣れた。

カップがSよりももっと浅い。

やっぱり更に浅いものにしておけばよかった気がする。

パリパリ鳴る時は本当に鳴る。









●bestbrass 5X flugelhorn

フリューゲルホルンのマッピ。

これもスターティング・メンバー。

なんと言っても金色がいい。



金ってちょっと上手そうに見えるよねw





●bob reeves 40HF

フリューゲルホルンのマッピ。

スーパーサブ

曲によって使い分ける。

本当はこっちの方が音色が好きなんだけど、

サイズが合わなくて若干上の音域が出にくいのでベストブラスの方を使っている。

















というわけで、

こうしてみるとちゃんと全部使ってるんだなぁとつくづく思う。



ケースの中には少なくとも2本は絶対入ってる。



全部持ち歩くと重い。。。











まじ何が違うかって言うとね







マッピの中の深さの話なんだけど、



クラシックの人は深いのを好むのよ。

そーするとあーいう音になるらしい。



ジャズメンは本当人によって違うんだけど

ハイトーンを要求される人は浅いのを使うのよ。

中には「ブラスバンドにいたときからずっとコレを使ってるよー」なんていう人もいました。

プロでもアマでも。

日本人だろうがなんだろうが。





まぁぶっちゃけハイトーン出したかったら浅いのにすれば1発らしいです。



度々、

「浅いのにすればいいんですよね?」

みたいに聞かれるけど、私は勧めていません。



今使っているマッピでできないことは、何を使ってもできないと思います。

ある程度の所まで行って、あともう少し!!という時こそ浅いマッピに移行してもらいたいです。









あとは内径のサイズやデザイン。



私の場合歯並びが究極的に悪すぎるので

エッヂが鋭い(内径の角が丸くない)ものは本当に怪我のもとになるので使えません。

凶器です。普通に出血します。

プレスしなくたってロングトーンしてるだけで出血します。



なので、削ったり少し大きめのを使ったりします。







あと唇の厚さのせいなのか、内径が小さいものは基本的に吹きずらいです。











結論的に、



ワタナベは浅くて大きいマッピでないとラッパは吹けません。







という事になります。











ちなみに、フリューゲルホルンの場合はカップはホルンの様なスーパー深いものでないと吹けませんw











結構微妙にサイズ変わるだけで調子狂ったりするもんなんですよ。





特に二日酔いのあとは唇腫れちゃって特にサイズのでかいものにしないと

何にもならんのです。

LGの合宿でよく体感しましたw





あと、風邪ひいたときとか結構調子変わる。









どの楽器でもそうだけど特にラッパというのは体調に左右されるんです。

本当に。



オーボエとかもそうなのかな?